095-862-1342|長崎県長崎市の不動産|株式会社地中海|稲佐店|売買、賃貸、仲介及び管理|建築関係全般

 

ブログ

 
フォーム
 
Lavandula angustifolia
2019-10-12
皆様、こんにちは。
突然ですが、弊社のオフィスにはアロマディフューザーを置いています。
香りは初心者向けとしてセットで付いてきたラベンダーオレンジ、または2つをブレンドしたりして使用しています。
ラベンダーはシソ科ヴァンドラ属の植物で、古代エジプトから現代に至るまで、薬に料理にと幅広く利用されている伝統的なハーブです。
精油を出す腺を持ち、揮発性の高い油を多く含む為か草食動物からはほとんど食べられません。
アロマとしては心を落ち着かせたり、リラックスしたい時に使うと良いとされています。
花の色はピンク。花言葉には沈黙、静寂、清潔、疑惑、優美等があります。
 
桂男(美男の意味もある)
2019-09-17
先週の9月13日は十三日の金曜日且つ仏滅且つ中秋の名月でした。
古来より月にはが住んでいて仙薬(不老不死の薬)を作っているとか、美女が転じたヒキガエルが住んでいる
とか言われていますが、その他にが生えているという伝承もあります。
この場合の桂は桂花=金木犀を意味しており、月には1,500mもある大木が生えているので、その花が咲く季節
になると月は金色に光り輝くのです。
また、月には妖怪・桂男が住んでいて、満月ではない時に月を見つめ続けていると、月の中にいる桂男に手招き
されて寿命が縮んでしまい、最悪の場合、命を落としてしまうという言い伝えがあるそうです。
 
宝石言葉は平和・安心・幸福
2019-08-30
本日は8月30日、いよいよ8月も残すところあと僅かになりました。
さて、8月の誕生石にはペリドットサードニクススピネル等がありますが、そのうちペリドットは「苦土かんらん石」と呼ばれる鉱物の中で、特に美しいものを宝石としたものです。
かんらん石は結晶がオリーブ色をしていたので、オリビン(Olivine)と名づけられ、幕末の頃和訳された際にオリーブとよく似た植物「橄欖」が当てられ、「かんらん石」と呼ばれることになりました。
「橄欖」はオリーブとは見た目は似ていますが、全く違う常緑高木で、東南アジアが原産です。
果実は食用で種子からは採油ができ、見かけだけでなく利用法もオリーブによく似ています。
ちなみにオリーブは「洋橄欖」と区別しているそうです。
 
Ananas comosus
2019-08-17
本日8月17日は語呂合わせで「パイナップルの日」とされています。
パイナップルは「pine(松)」と「apple(果実)」を組み合わせた名前で、漢字では鳳梨(ホウリ)と書きます。
熱帯アメリカ原産の単子葉類であり、イネ目パイナップル科アナナス属に属する多年草です。
紫色の花を咲かせ、その花言葉には完全無欠、満足、蓄える等があります。
実を丸ごと手に入れた場合、保存する際には逆さにしておくと良いですが、追熟する果実ではないので、早めに食べるのが最善です。
 
かっとっぽ!!
2019-02-09
本日2月9日は語呂合わせで「ふく」の日です。
「ふ(2)く(9)」とは下関での「フグ」の呼び名で、同記念日は下関ふく連盟が制定したものです。
なお、「ふぐの日」や「とらふぐの日」はまた別にあって、それぞれ「9月29日」と「10月29日」です。
さて、フグの毒と言えば「テトロドトキシン(tetrodotoxin・TTX)」ですが、世界に何百種と存在するフグの仲間達の中にはそれ以外の毒を持つ種類も存在します。
それが「パフトキシン(pafutoxin)」という毒です。
パフトキシンを持つのは、長崎県五島列島のご当地グルメとしてお馴染み「ハコフグ」も含まれる「ハコフグ科」のフグ達で、その名もハワイ語でハコフグを意味するパフに由来しています。
彼らは刺激ストレスを受けると皮膚からパフトキシン(水溶性)を分泌し、身を守ろうとします。
ハコフグ科の魚は見た目が愛らしく、水槽で観賞魚として飼養されることも多いのですが、飼育環境が整っていなかったりしてストレスを感じさせてしまうと、最悪の場合皮膚から分泌されたパフトキシンによって他の魚種や自分自身をも死なせてしまうことがあるそうです。
なお、ハコフグは内臓に「パリトキシン(palytoxin)という毒も持っており、ハコフグによる食中毒は主にこれに因るものです。
ハコフグを飼育する時、または召し上がる時には、十分注意しましょう。
<<株式会社 地中海 稲佐店>> 〒852-8003 長崎県長崎市旭町3番11号 TEL:095-862-1342 FAX:095-862-5299